イベント運営も公務員のお仕事 | 気楽に気ままで気軽に読める”なるみや”の元公務員ブログ

イベント運営も公務員のお仕事

※出張があり投稿が遅れてしまいました。

東京都渋谷区のハロウィンが問題となっていますね。

仮装した方々がただ集まるだけなら良いのでしょうが、盗難に痴漢に暴行、器物破損、公務執行妨害とまるで無法地帯のようは報道がなされています。

行政や警察は何をしているんだと思われるでしょうが、ただ同時刻に市民が集まるだけでは検挙も指導もできません。

中には警察にクレームを入れた方もいるみたいで驚いています。

東京都庁に勤めている知り合いから話を聞きましたが、渋谷区の評判が悪くなるのではと少し心配のようでした。

ただ、都庁職員としては影響がなかったようですね。

◆イベント警備や運営も市役所職員のお仕事

さて、少し話が変わりますが、祭りといったイベント毎の警備には市役所の職員が警備や運営に当たります。

運営等には担当課の職員だけでは人手が足らず、他の課の職員も応援に呼ばれます。

ただ、警備については警備会社に協力を依頼することもあります。

市役所職員が運営警備等をした場合にお金が支給されるのか気になるかと思います。

仕事の中には完全ボランティア扱いとして無休又はお弁当のみ支給等といったことがありますが、ほどんどは残業扱いとしてお金が発生します。

しかし、警備等も楽なものではなく、立入禁止部分に入る方や立ち止まり禁止部分で止まる方も多く、注意すると怒る方も多いの精神的に辛い仕事でもあります。

そのために若い職員がやらさせることが多いですね。

市役所職員が警備の仕事をするなんて意外に思う方もいるかもしれませんが、市役所職員の仕事は多岐に渡るんだなと実感する場面でもありますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク