ホームレスは行政サービスを受けられないのか ~避難所入所拒否に関して~ | 気楽に気ままで気軽に読める”なるみや”の元公務員ブログ

ホームレスは行政サービスを受けられないのか ~避難所入所拒否に関して~

 

 

今回の台風19号の台東区の避難所でホームレスが避難所での受け入れを拒否される事例がありました。

 

台東区では、区民のための避難所を4カ所、外国人旅行者などを念頭に置いた帰宅困難者向けの滞在施設を2カ所に開設したようです。

 

しかし、住所のないホームレスについては対象としていなかったため、受け入れを拒否しました。

 

この対応は現地の職員が災害対策本部に問い合わせをした際に、本部が対応を決めたもののようです。

 

しかし、災害救助法の原則として、平等の原則(全ての人に等しく救助の手を指し飲めなければならない)と現在地救助の原則(住民はもとより旅行者や土地の通過者を含めて土地を所管する都道府県が行う)があるはずですが、今回の対応はこの原則に反しているものと非難されても仕方がないものだと思います。

 

現に他の避難所では住所不明の人も避難所で受け入れていたようです。

 

平時では行政サービスを受けるには、市内に住所があることが要件となる場合も多いですが、災害時にはふさわしくないですね。

 

 

ただ、復興がおくれると避難者の多くが精神的な負担を強く感じてしまい、市外の避難者に対する差別意識が出てくるケースもありますから、長期的に同じ避難所というのは気をつけないといけないのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク