消費税率の軽減税率についての職員の気持ち | 気楽に気ままで気軽に読める”なるみや”の元公務員ブログ

消費税率の軽減税率についての職員の気持ち

 

令和元年10月1日から消費税が8%から10%に引き上げられると同時に、軽減税率制度が実施されます。

 

飲食料品は8%となりますが、外食やケータリングは対象とならず、10%のままとなります。

 

 

概要は下記(国税庁作成のチラシ)

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/05.pdf

 

 

イートインスペースで食べると外食扱いとなるから、同じ店で買っても食べる場所で税率が変わるって問題なんだよね

  

そうだよ

  

それっておかしいよね

  

多分だけど、国としてはそこまで深く考えないでほしいっていうのが本音ではないかな

  

公務員の仕事は、聞かれれば「そうです」と答えるしかないけど、言われなければ分からないから好きにしてくれっていうのが結構あるんだ

  

例えば、生活を拠点とする場所に住所変更をしないといけないけど、していないからといって何の罰則もなく見逃されているケースがほとんどだ

  

だから、イートインスペースで食べようとこっそり税率8%でしてほしいっていうのが国の本音だと思うんだよなあ

  

とあるコンビニは、申告がなければ税率8%で計算するみないなんだけど、それでいいんだね

  

そういうこと 。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. tty より:

    初めてコメントさせて頂きます。
    私も元公務員です。

    私は県庁職員でしたが、なるみやさんの記事を拝見し、
    共感するところ、又「あるある!」と思うところも正直かなりありました。

    また、記事の更新を楽しみにしています。

    • なるみや より:

      コメントありがとうございます。
      元公務員の方なんですね!

      県庁も市役所も似たような部分があるかと思いますので、また見ていただけると嬉しいです。
      気楽にきまぐれで書いているブログですので、読みにくい部分もあるかもしれません。
      その時にはまたコメントをお待ちしています(笑)