国家が危機の時に公務員の強みを実感する。 | 気楽に気ままで気軽に読める”なるみや”の元公務員ブログ

国家が危機の時に公務員の強みを実感する。

 

 

新型コロナによって多くの企業が経済的な打撃を受けたり、倒産しています。

 

倒産した企業の種類はさまざまなもので、記事によれば、旅館や食品製造、クルーズ船を扱う企業等です。

 

また、勤務時間の縮小などを行う企業もあります。

 

その結果、倒産になれば社員が路頭に迷うことになったり、収入が減ることになります。

 

一方で公務員はこのような事態でも影響をうけません。

 

むしろ、新型コロナの対策で残業することで、収入が増えている人もいるでしょう。

 

公務員は安定と言われますが、安定を実感するのは現在のように国家が危機に瀕している時です。

 

とある総理大臣が自衛隊に向けた言葉として、

 

「君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。どうか、耐えてもらいたい。 」

 

とありますが、公務員全体に言えることですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク