NGT48の山口真帆暴行事件と行政について | 気楽に気ままで気軽に読める”なるみや”の元公務員ブログ

NGT48の山口真帆暴行事件と行政について

ちょっと番外編ですが・・・

 

NGT48山口真帆さんの暴行事件が問題となっています。

本人が運営側に被害を訴えたにも関わらず運営側はそれをもみ消し、耐えられなくなった山口真帆さんがTwitter等で投稿したことで被害が明らかになりました。

しかし、それにも関わらず運営側が何も対応をせず、全国的にニュースになりました。

アイドルについてそれほど詳しない私ですら怒りを感じるものですから、NGTを応援している人達から見たらそれは強い怒りを感じているのですしょうね。

さて、NGT48はAKBの姉妹グループですが、地元にも密着したアイドルだったようです。

 

調べてみると色々な記事が出てきました。

地域の活性化をするために新潟市の移住促進PR動画や商工会のPR動画にも出ていました。

NGT48は新潟の顔としてPR動画に積極的に登用されていたようです。

そんな中でこのような問題が起きてしまい、行政の方々も苦悩しているようです。

ただ、県や市は事実関係が不明確として静観を貫いています。

当然、PR動画なども税金で作られていますし、この件については賛否両論あるようですから行政としては静観をとる他ないでしょうね。

総選挙も新潟で開催されるなど、経済的効果も大きいですから行政としてもNGT48を応援していたのでしょう。

そういったこともあり、民間企業ではNGT48が出演していたCMを放送中止としたそうですが、行政がNGT48を切り離すといったことはないのだろうと推測します。

新潟県知事もNGT48について発言しましたし、県も改善を期待しているようです。

より事態が悪化した場合には今後も県としての発言も増えるかと思います。

 

事態が収拾していくには運営側がしっかりと事実を公表していくことが不可欠ですが、今までの運営の態度も見る限り解決にはまだまだ時間がかかりそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク